FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカ飼育10年目に突入!

01-03,2019

ベランダでメダカを飼い始めて、10年目に突入しました。
現在は屋外飼育のみなので、冬は足し水くらいであまりやる事がありません。今年ものんびりメダカ飼育を続けます。

越冬中のロタラ ロトンディフォリア-メダカ
屋外越冬中の「ブチめだか」と、水草の「ロタラ ロトンディフォリア」。
2018_medaka_77.jpg
冬は紅葉してきれいです。

さて、昨年は飼育に悩んだり、反省することが色々ありました。
春のシーズン開始まで、色々と飼育計画を考え中です。

≪2018年飼育の振り返り≫
○良かった事
  ・持っている姫睡蓮全てを咲かせる事ができた。
×悪かった事
  ・台風対策が足りず針子を全滅させた。   
  ・背曲がりのメダカが増えた。
  ・プラナリアが発生してしまった。

≪2019年飼育計画・対策≫
■台風の時は、針子容器に蓋をするか家屋内に入れる。
水をあふれさせることはなかったが、水質の変化か何かの要因で次の日には見当ず…。今迄大丈夫だったからと油断してしまい、かわいそうなことをしてしまいました。

■親メダカを選別して採卵する。
特に選別しないで採卵した為、背曲がりの仔が多くなってしまいました。元気に育っていますが、泳ぎにくそうな様子も見られ、申し訳ない気持ちにもなります。柄や血筋にこだわらなくても、しっかり選別してから採卵したいです。

■春は飼育容器を全リセットする。
・プラナリア絶滅を目指す。
・増えた水生植物は誰かにあげるか、処分する。
・飼育容器を1つ減らす(稚魚育成中は除外)。

■メダカを購入する。
みゆきメダカか、三色を増やそうかな。黒メダカも減ってしまったので、じっくり検討。

水換え等のお世話の時間より、メダカ達をぼーっと眺めていられる時間を増やせるよう、計画的に楽しみたいです。
良い一年になりますように!

*** 過去関連記事 ***
ベランダのメダカ鉢を断熱シートで包んで寒さ対策
屋外の紅白メダカと水生植物の越冬風景
咲かないと諦めていた姫睡蓮がついに咲いた!」  

 
観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
スポンサーサイト

バルデリア ラヌンクロイデスの育て方

11-09,2018

メダカを飼育しているミニビオトープで今年次々と咲いてくれた「バルデリア ラヌンクロイデス」、花の時期は終わりましたが、株も増えて順調に育っています。
メダカ容器の掃除や冬に向けた準備をしながら、今日も1つ増えた株を植えました。
今回は<前記事>の続きで、増やし方のお話です。

バルデリア ラヌンクロイデスが咲くミニビオ
バルデリア ラヌンクロイデスは、<前記事>でも紹介しましたが、種子や地下茎で増殖していきます。

それからもう一つ、花が咲き終わり茶色の種子になる頃には、放射状に広がる花柄が集まる中心部(茎の先端というのかな)が水面に頭をもたげてきます。
その中心部の根元を水面につけておくと、そこから葉や根が出てきます。
バルデリア ラヌンクロイデスの増やし方
写真の丸で囲ったところを水面につけておきます。
放置していると・・・
バルデリア ラヌンクロイデスの育て方
こんな感じ。

バルデリア ラヌンクロイデスの増やし方
小さな株ができました。これも地下茎で増えてるうちに入るのかなぁ?
茎を切って植え付けます。

バルデリア ラヌンクロイデスを植える
植え付けていると、興味津々にの様子でメダカが集まってきました。

バルデリア ラヌンクロイデスは、耐寒性がある多年草です。
メダカ達と一緒に屋外で越冬でき、爆殖するわけでもなく、育てるのが楽で気に入りました。
来年がまた楽しみです。

水草MEMO
■ バルデリア ラヌンクロイデス(1株)

*** 過去関連記事 ***
バルデリア ラヌンクロイデス の花が咲きました
真夏のミニビオトープ 三色メダカと、斑メダカ
屋外越冬組のみゆきメダカ達
紅白メダカ達も冬越しの準備完了


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

パンダメダカと茂る水草、夏のミニビオトープ

09-27,2018

水草のスクリューバリスネリア(ネジレモ)と、コブラグラスを地植えしているミニビオトープが、4年目の夏を終えようとしています。
水草を地植えしている為レイアウトの変更が容易でなく、毎年の水景があまり変わらないので、飼育するメダカの種類を変えて楽しんでいます。

パンダメダカの屋外飼育
今年の住人は、パンダメダカ達。
メダカ界では、三色やラメ、ヒレ長など新しい華やかなメダカが人気で、パンダメダカの素朴な可愛さが、なかなか伝わらない時代になってしまいましたね。

ミニビオトープで育つ水草(スクリューバリスネリア)
メダカ達は、水草の隙間を探して泳ぎます。
スクリューバリスネリア-パンダメダカの屋外飼育
スクリューバリスネリアは、夏になると繁殖して水面を覆いトリミングに追われますが、透明感のある水草で、太陽が当たるととてもキレイです。
冬は溶けるように枯れて見えなくなりますが、また夏になると復活します。

ミニビオトープで育つ水草(コブラグラス)
冬には寒さに強い、コブラグラスが顔を出します。
コブラグラスは日光があまり当たらなくても育つ丈夫な水草なので、夏の間スクリューバリスネリアに覆われてしまっても、その下で元気に青々しています。

ここ最近の悩みは、ミナミヌマエビが繁殖して、せっかくのコブラグラスの新芽を食べてしまうこと。
時々新芽を抜かれてしまい、水面を漂っています。
昨年より少し減ってしまった気が…。

ミニビオトープで育つ水草(スクリューバリスネリア)
急に寒くなってきたし、また台風が来るようで不安ですが、
もうしばらくは、キラキラした水草の茂みの間をすり抜ける、パンダメダカ達の姿を楽しめるといいな~☆

*** 過去関連記事 ***
幹之メダカが泳ぐスクリューバリスネリアの草原
ヒメオモダカが咲く木樽風プランターのパンダメダカ達
パンダめだかin水草水槽(11ヶ月目)

観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

咲かないと諦めていた姫睡蓮がついに咲いた!

08-25,2018

数年間咲かずにいた、ピンク色の姫睡蓮の花をやっと見ることができました。

先に咲いた白桃色の姫睡蓮<過去記事>と同じ色と思いきや、濃いピンク色の花が咲きました。
固有名でなく、「姫スイレン 赤」と色別に販売されているので、先に咲いた方とは種類が違うのかもしれませんね。
個体差かもしれませんが、違う雰囲気の花が見れてラッキーです。

赤の姫睡蓮が咲いた
姫睡蓮の花_赤
開花一日目の姫睡蓮。
ちょうど休みの日に咲いてくれて、本当に嬉しい。
昼間3日くらいしか咲かないのに、咲くのがわかかってて出勤するの辛いですもん。

姫睡蓮の花
花の中心には、ぷっくりとした蜜がキラリ。

姫睡蓮の花_赤
諦めないで育て続けて良かったです。
咲きやすさは種類によってあるのでしょうが、その植物が好む環境を作ることができれば、花は咲くものなんですね。
次の蕾がまた出てくるといいな~☆

水草MEMO
■姫スイレン 赤(1株)

*** 過去関連記事 ***
白桃色の姫睡蓮が咲きました
姫睡蓮が咲いた!ホテイ草が咲いた!クロメダカ達の夏
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。