親・子・孫、3代のみゆきメダカ達

01-22,2016

我が家で飼っている幹之メダカ達、おかげさまで、3代目4代目と、子孫繁栄しています。
室内で11月に孵化した仔魚達も、ようやく稚魚と呼べるサイズに成長し、幹之メダカらしい輝きがわかるようになりました。
今回は、そんな親子3代の幹之メダカ達をまとめてみました。

ミユキメダカの親
まずは1代目。
1代目のメダカ達は、屋外で越冬中です。
ミユキメダカの親
口先までは輝きが覆ってはいませんが、充分美しい。
青幹之メダカのブルーの輝きを、初めて見た時は衝撃だったな。

ミユキメダカの子_F1
2代目の幹之メダカ達(F1)。
室内で飼育中。昨年の夏、小さなガラス容器に水草のマツモや貝殻を入れて、ボトルアクアリウムを作りました。
8月の作った時と比べると、現在はずいぶん成長しているのがわかります。
ミユキメダカの子_F1
選別しないで、白幹之メダカも青幹之と一緒に飼っています。
そんな訳で、次に紹介する3代目の幹之メダカの稚魚達は、青幹之(メス)と、白幹之(オス)から生まれた仔達です。

ミユキメダカの孫_F2_水草マツモ
3代目の幹之メダカの稚魚(F2)。
まだ小さいので、ヒレまで写真になかなか写らない。
小さなプラ容器に、水草のマツモを浮かべて育てています。
幹之メダカの稚魚とマツモ
水草のマツモは、日中は日光が当たると、盛んに小さな気泡を出すのでとても綺麗。藻の所為で水に少しとろみがある為か、水面に気泡が残って、泡だらけになります。
幹之メダカの稚魚とマツモの気泡
写真より目で見た方が、もう少し輝いて見えるのですが、体内光っぽい稚魚が多いような気がします。
ミユキメダカの孫_F2_水草マツモ
これから背中の光も伸びてほしいな。
冬の間は、暖かい室内で稚魚達の成長を見守ります。

水草MEMO: 無農薬マツモ(3本)

*** 過去関連記事 ***
冬休み初日に幹之メダカを撮ってみた
ボトルアクアリウムの幹之メダカ、毎日産卵中
幹之メダカと紅葉 (秋冬の屋外飼育の楽しみ)


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

冬休み初日に幹之メダカを撮ってみた

12-31,2015

わーい!冬休み~(^▽^)ノ♪
珍しく冬休み前に年賀状等やるべき事を終えたので、天気のいい連休初日は、のんびりとメダカ達を眺めて過ごしました。
冬のベランダは、太陽の高さが低くなるお陰で、飼育容器によく陽が当たります。
なかなか水面に上がってきてくれないメダカもいますが、この幹之メダカ達は気にしていないみたい。
少しの間じっとして待っていると、餌をくれると思って水面に上がってきてくれます。

ホテイ草に隠れる幹之メダカ
浮き草のホテイアオイの陰から様子を伺う、みゆきメダカさん。

みゆきメダカ_秋冬飼育
出てきました。

みゆきメダカ_秋冬飼育
頭の先まで・・・とはいきませんが、背中の鱗はキレイなブルーの輝きで覆われています。

みゆきメダカ_秋冬飼育
秋冬は、メダカの動きがゆっくりなので、写真撮影のチャンス。
いつもなら浮き草など動かないものにピントを合わせて、近くに来るメダカを狙いますが、この時期は私でもメダカにピントを合わせて撮る事ができます。

メダカが作る水の波紋
撮影の邪魔をしにきた、紅白メダカさん(笑)

紅葉で冬仕様_みゆきメダカ
ブルーキラキラ♪
やっぱり、幹之メダカは美しいわぁ~。

うろこ雲
おまけの鱗雲。

今年もあとわずか。ブログを見に来て下さった皆さん、ありがとうございました。
良いお年を~☆

観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

青幹之めだかを白い容器で撮影してみると・・・

07-07,2014

青幹之(みゆき)メダカを白い容器に入れてみました。
メダカは、飼育する容器の色や底に敷く砂利や土の色に反応して 体色が変わるのはよく知られていますが、幹之メダカも同じ。
黒い底床と、モワモワの藻の濃い色の環境で飼っている幹之メダカ【 前記事 】と、白容器の幹之メダカの体色や、輝きのラインの色と比べると、見え方の違いに驚きます。

ドワーフフロッグビットと、青幹之メダカ
白容器に入れた瞬間から、白幹之メダカのよう !? に変化。
ブルーの輝きが薄くなっても白や、黄色っぽく見えます。
白容器の青みゆきメダカ
輝きがお上品ね☆

ドワーフフロッグビットと、青幹之メダカ
一緒に写っている浮き草は ドワーフフロッグビット
丸い形と、虎模様がかわいい。丈夫で繁殖力も半端ない。

浮き草は、メダカの写真を撮る時にも便利です。
活発に泳ぐメダカを写真に撮るのって、難しいですよね。
私の場合、動かない浮き草にピントを合わせて、そばを通るメダカを撮ります。
白容器の青みゆきメダカ
浮草にピントを合わせたら、そのまま横にカメラをスライドさせて、パチリ☆
白容器の青みゆきメダカ
寄りの撮影は、マクロ機能を使いましょ。
白容器の青みゆきメダカと、ミナミヌマエビ
ミナミヌマエビも、パチリ☆

撮影後、この幹之達は、モワモワの藻の容器から新しい流木を入れたミニビオに引っ越しました。
そして、あ~やっぱり君たちは、青幹之だよね! という体色にすぐ戻ったのでした。

*** 過去関連記事 ***
まるで青い宝石!幹之めだかが美しい
白砂利で爽やかなミニビオトープを作ってみた


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

まるで青い宝石!幹之めだかが美しい

07-02,2014

我が家のベランダで飼育している幹之(みゆき)メダカも、卵で我が家にやってきてから1年が経ち、背中の青い光の輝きが更に美しさを増しています。
同じ青幹之メダカでも個体により光の色が違い、深い青色やスカイブルー、もう少し薄いアイスブルーと様々で、それぞれが魅力的で飽きません。

光っているメダカなんて、メダカじゃない。なんてメダカを飼い始めた頃は思っていたけれど、そんな思いはとうに吹っ飛び、すっかり虜になっています。

青幹之メダカ_強光
色の濃い容器や黒砂利などの底床材は、青色の光沢がより鮮やかに映えて美しい。

スーパー光の幹之メダカ
バッキバキに、スーパーに光っている幹之メダカもいます。
覆われた背中の光沢が厚い!
スーパー光の幹之メダカ
尻ビレや、腹ビレの縁の輝きが素敵。
卵を採る親メダカにするなら、この光ってるメダカに決まり☆

浮き草と青みゆきメダカ
さりげない中光の幹之メダカも綺麗です。
全然関係ないけど、この仔達を見ていると子どもの頃に大好きだった「宝石箱」っていうカップアイスを思い出す(笑)

青幹之メダカとアマゾンフロッグビット
幹之メダカ業界では、尻ビレ全体が光っていたり、横から見ても楽しめるラメ幹之もいる。体色も、青や白だけではなくなってきているらしい。
今後の更なる進化が楽しみですね☆

そうそう、我が家には、青の他に白幹之(パールホワイト)も居たはずですが・・・育ってみたら、白は1匹だった・・・。
何処に行っちゃったのぉ~(泣)

*** 過去関連記事 ***
幹之メダカと紅葉 (秋冬の屋外飼育の楽しみ)
ラグジュアリーな輝きの幹之めだか達
確かに光ってる!幹之メダカの幼魚達


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。