スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木樽風プランターで水生植物と三色メダカを育てる

05-17,2014

三色透明鱗メダカの子メダカ達を飼育する為に、木樽風プランターに、水生植物を配置し、ミニビオトープを作りました。
入れた水生植物は、丈夫な多年草の3種類。「ヒメホタルイ」、「フギレデンジソウ」、「ウォーターマッシュルーム」を選択。
全て我が家のベランダで屋外越冬しています。
地域柄、風が強い日も多く、植物の草丈が高いと風に負けて倒れてしまうので、あまり草丈が高くならないというのも、植物を購入する際のポイントになりました。

木樽風プランター ビオレイアウト
手前から、つんつんした葉の「 ヒメホタルイ 」、ハート形の四つ葉が特徴のデンジソウ科「 フギレデンジソウ 」。
傘の様な丸い葉をした「 ウォーターマッシュルーム 」は、「 ウォーターコイン 」とか、「 ミニマッシュルーム 」とも呼ばれています。
因みに、ウォーターマッシュルームと ヒメホタルイは、白い小さな花が咲きますよ。
木樽風プランターに植物配置
私は小さなビニールポットに植えているので、水面との高さの調整は、「 ウィロー ストーン 」を利用しています。

底床に使用したのは、「ネオコール」 黒の中粒。
形が丸く角がなくて、水の浄化作用もあるらしいので、気に入って使っています。
小粒タイプも有り、室内でパンダメダカを飼っているガラス金魚鉢の底床に使用中。
木樽風プランターに三色メダカ投入
水は汲み置き水と、1/3は、元々メダカ達が居た容器の飼育水を使用しています。
浮き草の「 アマゾンフロッグビット 」も浮かべました。
アマゾンフロッグビットも強くて、屋外越冬が可能です。
水生植物と安芸の三色メダカ達
メダカと、水生植物は良く合いますね。
植物の間をすり抜けて泳ぐ姿を見ると、気持ちが和みます。
水生植物と安芸の三色メダカ達
赤玉土の色と、メダカの体色が同化。メダカがどこに居るかわかるかな?
フギレデンジソウと三色メダカ
フギレデンジソウと、三色透明鱗メダカ。

植物や底床、木樽風プランターは、charmで揃えました。
これから暑くなって、植物やメダカ達も成長が早くなるので、今後の変化が楽しみです。

ブログ右サイド 『メダカ写真館』 のコーナーに、今回撮った写真+αを三色透明鱗メダカと水生植物にブログ記事より一回り大きな写真でUPしています。
良かったら見てくださいね☆

*** 過去関連記事 ***
三色透明鱗メダカをガラス瓶に入れて観察した。
ウォーターマッシュルームと楊貴妃メダカ


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
スポンサーサイト

三色透明鱗メダカをガラス瓶に入れて観察した。

05-09,2014

屋外で越冬した 三色透明鱗メダカ をガラス瓶に入れて観察しました。
冬の発砲スチロール箱飼育から、プランター容器飼育に切りかえついでに、成長したメダカ達の横身チェック。
横から見た三色模様がどんな感じなのか気になるところ。
オス・メス揃っているかも確認します。

瓶の中の三色透明鱗メダカ
この三色透明鱗は、ブログ仲間 「JOメダカと鳥日記」のJOさんから頂いた安芸三色メダカ」の卵から成長したメダカ達。

瓶の中の三色透明鱗メダカ
頬の部分が赤く見えて、透明鱗の特徴がしっかり出てる。
三色透明鱗メダカ横身
黒模様が控えめのメダカさん。
もう少しオレンジが抜けて、柄が飛んでいると素敵だね☆
三色透明鱗メダカの顔
顔のアップ。
まだMサイズなので今後が楽しみです。繁殖は来年かな。
観察後、三色メダカの斑メダカと共に昨年は楊貴妃メダカを飼育していた木樽風プランターへお引越しさせました。
お気に入り♪フローティングフィッシュネット
メダカや、ミナミヌマエビを捕まえるのに重宝している網、【アズー フローティングフィッシュネット S】 がお気に入り。
水の抵抗が少ないし、網の色が黒くて目立たないからか、簡単に捕まえる事ができて、楽ちんです☆

*** 過去関連記事 ***
安芸三色から産まれたブチメダカ達
ガラス瓶の中の楊貴妃めだか


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。