スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミナミヌマエビの糞が長すぎな件

07-24,2014

立ち上げてから1年5ヶ月経つドラム型金魚鉢で、室内飼育中のパンダメダカミナミヌマエビ達は、食欲旺盛!

そんな彼らなので " ふんネタ " には事欠かず・・・
今回のネタは、透け透けのガラス水槽で、飼い主に覗かれまくりなのに全く気にせず、ましてや周りのオスの視線なんてどうでもいい・・・ 抱卵中のミナミヌマエビのママさんの " 長~いふん " 。

まずは、日常の水槽風景。
ドラム金魚鉢のメダカ達
水草のトリミングを繰り返しながら、維持している水槽。
増えたスクリューバリスネリアは、屋外のビオでも使いまわしています。

ドラム金魚鉢のメダカ達
アマゾンフロッグビット等の浮き草は、おやつ代わり。
メダカも、ミナミヌマエビも、フワフワの根っこを喜んで突きます。
根っこ好き♪
ツマツマ~♪
抱卵中のミナミヌマエビW
抱卵中のミナミヌマエビもツマツマ~♪
注目は、右のミナミヌマエビのお尻。 ・・・長いよね?

フン・・・長くね?
食べるのに夢中過ぎて、頭上の長いフンに気づいていないのか・・・

フン・・・ちょい出し ちょい出し(笑)
普通は、このくらいのチョコのトッピングみたいな、途切れ途切れのフンが多いですよね。

フン・・・体より長くね!?
あっという間に自分の体長を越えてるっ (゚Д゚;;;
フン、長すぎ!!!

パンダめだかと、ウィローモスボール
飼い主さん、何か落ちてますよ。

・・・
・・・・・
・・・落し物。
フン  ・・・ですね。

はいはい、飼い主の私がお掃除しますよ(´∀`;
元気で良いですが、食べ過ぎてお腹壊さないでね!
可愛い稚エビを産んでくださいませ☆

*** 過去関連記事 ***
パンダめだかin水草水槽(11ヶ月目)
ミナミヌマエビの稚エビ!稚エビ!稚エビ!
ミナミヌマエビの糞って・・・半端ない。


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
スポンサーサイト

流木を使ったミニビオトープで、幹之メダカを飼う

07-16,2014

幹之メダカの屋外飼育用に、流木を使ったミニビオトープを作りました。
レイアウトはシンプルに、容器の手前から奥に向かって、水位が浅くなるように、素材を配置しています。

植えた水生植物は、有茎草の ロタラ ロトンディフォリア室内水槽で増えた スクリューバリスネリア
水面には ルドウィジア フローティングプラント と、増殖が止まらない ドワーフフロッグビット を浮かべました。

メダカ飼育のミニビオ作成中
charmで見つけた、30cm用一点物の流木
流木はアク抜き処理されていますが、きれいに洗ってから2週間程、重石をして水に浸けておきました。
大きな窪みや穴も開いていて、メダカ達が中を探索している様子を見ると、飼い主としては、しめしめという感じ(笑)
水面から斜めに突き出る枝が、ビオに立体感と広がりを出してくれていると思います。

流木を使ったミニビオトープ
水を張って、上から見た様子。
ロタラ ロトンディフォリア 水上葉 10本 は、購入後ビニールポットの赤玉土に差込み、2週間経った頃には、差し戻して増やせる程に育っています。
水上では、ピンク色の花が咲くようなので楽しみ。

流木の上で泳ぐ青幹之メダカ
クールな輝きの青幹之メダカ達。
飼育環境の違いにより、体色の違いが楽しめます。
流木の窪みには何があるの?
流木の窪みを探索中。
食べ残したエサが茂みの奥に残っているかもよ~(笑)

流木を使ったミニビオトープ
癒しの水景。
ロタラ ロトンディフォリアと、幹之メダカ
たった10本のロタラ ロトンディフォリア 水上葉 から増やしてできた森。優しい木陰を作ります。

スクリューバリスネリアも植えた♪
室内水槽で増えたスクリューバリスネリア を今年も屋外で楽しむ事にしました。
底床のネオコールは、薄っすらとしか敷いていないので、植えやすいように根っこは短く切り、1cm程残したランナーを引っかける感じで植えています。

光りの方へ・・・ルドウィジア フローティングプラント
ルドウィジア フローティングプラント は、水面に浮かべておくと、白く膨らんだ浮き根ができる、ちょっと面白い浮き草です。

お手軽な作りながら、いい雰囲気に仕上がったかなと。
日々眺めながら、日常の疲れを癒しております。

ブログ右サイド 『メダカ写真館』 のコーナーに、今回撮った写真+αを幹之メダカと水草 (春夏屋外)にブログ記事より一回り大きな写真でUPしています。
良かったら見てくださいね☆

*** 過去関連記事 ***
白砂利で爽やかなミニビオトープを作ってみた
木樽風プランターで水生植物と三色メダカを育てる


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

青幹之めだかを白い容器で撮影してみると・・・

07-07,2014

青幹之(みゆき)メダカを白い容器に入れてみました。
メダカは、飼育する容器の色や底に敷く砂利や土の色に反応して 体色が変わるのはよく知られていますが、幹之メダカも同じ。
黒い底床と、モワモワの藻の濃い色の環境で飼っている幹之メダカ【 前記事 】と、白容器の幹之メダカの体色や、輝きのラインの色と比べると、見え方の違いに驚きます。

ドワーフフロッグビットと、青幹之メダカ
白容器に入れた瞬間から、白幹之メダカのよう !? に変化。
ブルーの輝きが薄くなっても白や、黄色っぽく見えます。
白容器の青みゆきメダカ
輝きがお上品ね☆

ドワーフフロッグビットと、青幹之メダカ
一緒に写っている浮き草は ドワーフフロッグビット
丸い形と、虎模様がかわいい。丈夫で繁殖力も半端ない。

浮き草は、メダカの写真を撮る時にも便利です。
活発に泳ぐメダカを写真に撮るのって、難しいですよね。
私の場合、動かない浮き草にピントを合わせて、そばを通るメダカを撮ります。
白容器の青みゆきメダカ
浮草にピントを合わせたら、そのまま横にカメラをスライドさせて、パチリ☆
白容器の青みゆきメダカ
寄りの撮影は、マクロ機能を使いましょ。
白容器の青みゆきメダカと、ミナミヌマエビ
ミナミヌマエビも、パチリ☆

撮影後、この幹之達は、モワモワの藻の容器から新しい流木を入れたミニビオに引っ越しました。
そして、あ~やっぱり君たちは、青幹之だよね! という体色にすぐ戻ったのでした。

*** 過去関連記事 ***
まるで青い宝石!幹之めだかが美しい
白砂利で爽やかなミニビオトープを作ってみた


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

まるで青い宝石!幹之めだかが美しい

07-02,2014

我が家のベランダで飼育している幹之(みゆき)メダカも、卵で我が家にやってきてから1年が経ち、背中の青い光の輝きが更に美しさを増しています。
同じ青幹之メダカでも個体により光の色が違い、深い青色やスカイブルー、もう少し薄いアイスブルーと様々で、それぞれが魅力的で飽きません。

光っているメダカなんて、メダカじゃない。なんてメダカを飼い始めた頃は思っていたけれど、そんな思いはとうに吹っ飛び、すっかり虜になっています。

青幹之メダカ_強光
色の濃い容器や黒砂利などの底床材は、青色の光沢がより鮮やかに映えて美しい。

スーパー光の幹之メダカ
バッキバキに、スーパーに光っている幹之メダカもいます。
覆われた背中の光沢が厚い!
スーパー光の幹之メダカ
尻ビレや、腹ビレの縁の輝きが素敵。
卵を採る親メダカにするなら、この光ってるメダカに決まり☆

浮き草と青みゆきメダカ
さりげない中光の幹之メダカも綺麗です。
全然関係ないけど、この仔達を見ていると子どもの頃に大好きだった「宝石箱」っていうカップアイスを思い出す(笑)

青幹之メダカとアマゾンフロッグビット
幹之メダカ業界では、尻ビレ全体が光っていたり、横から見ても楽しめるラメ幹之もいる。体色も、青や白だけではなくなってきているらしい。
今後の更なる進化が楽しみですね☆

そうそう、我が家には、青の他に白幹之(パールホワイト)も居たはずですが・・・育ってみたら、白は1匹だった・・・。
何処に行っちゃったのぉ~(泣)

*** 過去関連記事 ***
幹之メダカと紅葉 (秋冬の屋外飼育の楽しみ)
ラグジュアリーな輝きの幹之めだか達
確かに光ってる!幹之メダカの幼魚達


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。