スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダに咲くヒメオモダカの花とめだか達

05-29,2015

今年もメダカ達のミニビオトープに、「ヒメオモダカ」の花が咲きました。
オモダカ科の中でも、ヒメオモダカはあまり草丈が高くならないので、強風が吹きつける日が多い我が家のベランダでも育てやすくて、気に入っています。
また、とても丈夫な多年草で、ランナーを伸ばしてどんどん増えるので、春には毎回株分けをしています。

ヒメオモダカが咲くミニビオトープ
5月中旬にセットした、三色メダカや斑メダカ達の棲むミニビオトープ<過去記事>
ヒメオモダカを植えているポット部分までは、午後になるといい感じに直射日光が当たります。
セットした時は、まだ花芽は全くでていなかったのですが、花芽が出るとあっという間。6日間位でぐんっと成長して開花しちゃいます<過去記事>

ヒメオオダカ咲きかけ
咲きかけのヒメオモダカ。
膨らんだ蕾から開き出した花の姿って、なんか好き♪

ヒメオモダカの花が咲いた
咲きました!
上の方はまだ蕾。次の日には咲くかな?

よく見ると葉っぱの陰に隠れてるよ
よく見ると葉っぱの陰にメダカが隠れていました。
黒が多めの三色メダカさん。この仔は普段からシャイ。

三色メダカさんとヒメオモダカの蕾
す~い♪
メダカ達は、ヒメオモダカの根元を元気に泳ぎ回ります。
斑メダカさん
すいす~い♪

三色メダカ達のミニビオトープ
すいすいすいすい す~い♪
水面にも、ヒメオモダカの花が映り込んでいました。
口紅付けたみたいなメダカ
くちびるさん、と呼んでいるメダカ(^=^)
メダカの口先が、オレンジ色になっているでしょ♪

ヒメオモダカの白い素朴は花は、数日間楽しめます。
私は、charmでまとめ買いしましたが、先日ホームセンターでも、ヒメオモダカによく似た「ナガバオモダカ」や「睡蓮」、まだ育てた事がない「イエローバコパ」や「ウォーターポピー」など、花が咲く様々な水生植物が販売されていました。
植え替えの手間はかかりますが、植物も一緒に育てると、屋外でのメダカ飼育が更に楽しくなりますよ。
是非、自宅の飼育環境に合った水生植物を見つけて、育ててみてくださいね☆

水草MEMO
ヒメオモダカ Sagittaria eatoni(1株)

*** 過去関連記事 ***
朱いメダカと癒しのミニビオトープ
ミニビオトープに咲く、水生植物の花々


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
スポンサーサイト

マツモが美しい、みゆきメダカのミニビオ作り

05-21,2015

ベランダ飼育の 幹之メダカ観賞用に、白い砂利を使ってミニビオトープを作りました。
投入したビニールポット植えの水生植物は、フギレデンジソウヒメホタルイロタラ ロトンディフォリア
どれも屋外で冬越えできる多年草なので、経済的な水生植物です。
浮き草の ホテイアオイ と、ドワーフフロッグビット も浮かべています。
そして、冬に買ってすっかり気に入った水草のマツモ も入れました。マツモは、ポットの脇から手前に向かって生えているかように砂利を乗せて、浮かび上がらないようにしました。

白砂利を使ったミユキメダカのミニビオ
昨シーズンは、幹之メダカを黒底床で飼ったので、白砂利に変えて気分転換。
白砂利は昨シーズン使用した、ホワイトストーン ラージ、飾りと水質浄化を兼ねて麦飯石も配置しました(過去記事)

ヒメホタルイと幹之メダカ
ヒメホタルイの根元を泳ぐ、幹之メダカ。
水性植物の間で身を隠したり、餌を探すメダカの姿は、本当にカワイイ。

マツモを入れたメダカのミニビオ
さて、今回紹介したい主役は、連続で記事にしている水草、 マツモ!
光を浴びると、葉に小さな気泡を付けてキラキラと輝き、風で水面が揺れると、ゆらゆらたなびく姿は本当に美しいです。

マツモの葉先が赤くなった
水質の条件によっては、マツモの新芽部分が赤っぽくなる事もあるらしく、とてもキレイです。写真を撮った日は赤くなっていましたが、残念な事に数日後には、通常の黄緑色に戻ってしまいました。
細かい水質にはこだわらない性格なので、どんな状態でなったのかはわかりませんが、マツモの節と節の間も狭く詰まっていて順調に成長していそうなので、良し!

マツモと幹之メダカ
伸びてきたら、差し戻してマツモの林を作りたい。
タンクメイトに入れた、お馴染みの ミナミヌマエビ と、石巻貝には、キレイなマツモが藻に覆われないように、日々頑張って食べて頂きたいものです。

マツモとみゆきメダカ
爽やかなブルーの幹之メダカと、爽やかなグリーンのマツモ。
相性良し。
マツモを入れたメダカのミニビオ
フギレデンジソウ脇の マツモのエリア。
狭いので、メダカが産卵したら、通りすがりにマツモに卵を付けてくれるんじゃないかと期待しています。

マツモとみゆきメダカ
今シーズン、幹之メダカはまだ産卵していません・・・。
クロメダカと、パンダメダカは採卵できました。
上から眺めた時、マツモに卵が付いていて、メダカの目が見えたりしたらいいなぁ~♪

子孫繁栄! はよ!!

水草MEMO
■ 国産 無農薬マツモ (3本)
■ ヒメホタルイ 1ポット

*** 過去関連記事 ***
やっとベランダ飼育ができる!幹之メダカとマツモ
白砂利で爽やかなミニビオトープを作ってみた


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

朱いメダカと癒しのミニビオトープ

05-12,2015

今年も流木をメインにした、ミニビオトープを作りました。
入れた水生植物は、ヒメオモダカマツモホテイアオイドワーフフロッグビットアマゾンフロッグビット の5種類。

メダカは、斑メダカ三色メダカ紅白メダカ などのオレンジ系のメダカ達。
三色や斑メダカは、木樽風プランターで飼育していたメダカ達です。
コケ取り要員として、働き者の ミナミヌマエビ と、石巻貝 も活躍中。
メダカ達は水草を突いたり、葉の上で休憩したり、陰からそーっと飼い主の様子を伺ったり、と様々な仕草で飼い主を癒してくれます。

流木を使ったミニビオトープ
飼育容器の後景には、ビニールポットに植えた 【ヒメオモダカ】 を配置。
株分けをして植えつけましたが、冬の休眠状態からの目覚めが少々遅いかな?
ヒメオモダカのポットの下には、園芸用の厚みの薄いブロックを敷いて、水深調整しています。

底床は、カラー炭玉の 【ネオコール 黒 中粒】 を敷きました。我が家ではすっかり黒底床の定番になっています。
使用する前は、何回か洗って汚れを落としてからセットします。

流木を使ったミニビオトープ
前景には、冬に購入して成長したマツモの脇芽をトリミングして、配置しました。
根っこのない 【マツモ】 は、流木の穴や、底床のネオコールに挿しているだけなので、伸びすぎた時の手入れも簡単です。

流木を使ったミニビオトープ
ミニビオトープ全景。
写真ではわかりにくいですが、ヒメオモダカのポットは、大・中・小とサイズを変えて並べています。小さなこだわり(笑)

三色メダカと紅白メダカ
メダカ達が集まってきました。
三色メダカと斑メダカ達
マツモと斑メダカ達。

三色メダカと紅白メダカ
紅白メダカは、お腹がぷっくり。
産卵してくれればいいですが、糞づまりや病気だったら・・・ 悲しい。

三色メダカ達
昨年は採卵が不調に終わり次世代が居ないので、今年はしっかり増やしたいです。

ホテイアオイと斑メダカ達
たくさん卵を付けて欲しくて、ホームセンターで 真剣に選んだホテイ草。 
子孫繁栄!お願い!!

水性植物が茂ってきて、そこにメダカ達が泳いでる姿を想像しながらレイアウトを考え、作りあげていく時間は、なかなか楽しいものです。
メダカの屋外飼育が楽しい季節は、まだまだこれから☆

*** 過去関連記事 ***
流木を使ったミニビオトープで、幹之メダカを飼う
白砂利で爽やかなミニビオトープを作ってみた


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。