スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトルアクアリウムの幹之メダカ、毎日産卵中♪

11-06,2015

小さなボトルアクアリウムを作って幹之メダカの稚魚を飼い始めてから、約三ヶ月が経ちました。
時々水換えをしたり、ガラスに付いたコケを麺棒で擦り取ったりしながら維持しています。ポイントに入れた貝殻には苔が付き、自然の風情が感じらていい感じ。

水草のマツモは成長が早くて、週一でトリミング。
その切ったマツモには、幹之メダカが産んだ卵が付いているので、マツモごと別容器に移して、赤ちゃんメダカを育成しています。
11月でも、窓辺の日当たりがいい場所は暖かいので、卵は自然と孵化します。

ボトルアクアリウム 幹之メダカ
この直径10cm程のガラス容器に、幹之メダカの雄2匹、雌1匹、ミナミヌマエビ1匹が暮らしています。

ボトルアクア 上から
上から見ると・・・
手前の雌は、頭付近までクールなアイスブルーの輝きに覆われています。

幹之メダカ_横からの眺め
幹之メダカは、鰭がキレイに光っている仔もいるので、横からの鑑賞もおすすめ。
光の当たる角度によって輝きや色も違って見えます。

卵を付けたミユキメダカ
あら、産卵した卵は無精卵っぽいかな?

卵、無精卵っぽい・・・
この写真は、鰭のブルーの輝きが撮れました♪

卵を付けたミユキメダカ
お腹ぷっくり。
毎日産卵しているけど、いつまで生み続けるのでしょう・・・。

白幹之 カワイイ正面顔♪
メダカのかわいい正面顔が見られるのは、ガラス水槽ならでは。
白幹之 カワイイ正面顔♪
変顔。口元が笑ってるみたい。

貝殻から覗く、ミナミヌマエビ
貝殻の中から出てきた、ミナミヌマエビ

ひと夏の楽しみとして作成した小さなボトルアクアリウムだけど、冬の間はこのまま室内飼育しようかな。

*** 過去関連記事 ***
夏だもの!貝殻を使ったボトルアクアリウムの作リ方
パンダめだかin水草水槽(11ヶ月目)


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。