スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足掛け2年!コブラグラスの草原がやっとできた

02-02,2016

スーパーブラックめだかをベランダの発砲スチロール箱で飼育しています。

飼育箱の底には、屋外のビオトープでも室内水槽で使うような水草で、草原を作ってみたいと思い、2年前に「コブラグラス」を植えました。
そのコブラグラスが、ようやく草原と言えるまでに茂ったので紹介します。

屋外でコブラグラスを育てる
1月、コブラグラスの草原の上を泳ぐ、スーパーブラックめだか。
コブラグラスは、。暖かい地方なら屋外で越冬可能の水草です。低水温を好むので、冬でも常緑で楽しむ事ができます。
栄養は根から吸収するので、メダカ達の糞や、一緒に飼育しているミナミヌマエビ、石巻貝の糞が肥料代わりです。
枯れて見える葉は、「スクリューバリスネリア」ネジレモ。

スクリューバリスネリア_メダカ屋外飼育
7月、コブラグラスと一緒に植えている、スクリューバリスネリアは、冬になると溶ける様に枯れてしまいますが、暖かくなるとは再び復活し、水面を覆うようになります。
草丈の低いコブラグラスは、水草に覆われて光を遮られてしまいましたが、低光量に強い為、枯れる事はありませんでした。

コブラグラスの草原_メダカ屋外飼育
また、コブラグラスはランナーを伸ばして増えていきますが、成長が比較的遅い水草なので、藻や苔に覆われないように、我が家ではミナミヌマエビをたくさん入れて、育成しています。
成長が遅いというだけあって、コブラグラスを 2個購入して植えましたが、この写真のような草原になるまで、約2年掛かりました。

(過去記事)でも書いていますが、植えてから10ヶ月目位では、まだ土がかなり見えてスカスカ状態。
それでも当時は、少しは草原らしくなったと思っていました(汗)。 室内水槽で増えて後から植えた、スクリューバリスネリアの方が増えて目立っる・・・。
早く草原にしたいのであれば、始めからたくさん植えた方がいいかもしれません。

因みに、水草が生えていないように見える所は、水質を安定させる働きのある福建麦飯石です。

コブラグラスを育てる
葉の形は、「コブラ」という名前がつくだけあって、葉先が下にカールしていてコブラの頭に似ています。

屋外でコブラグラスを育てる
最初にコブラグラスを植えこんだ時は手間がかかりましたが、その後の飼育はどの容器よりも楽で、手が掛かっていません。
1回もリセットしないで、水替えと足し水だけで、ゆっくりと育ててきました。

ミナミヌマエビも、数匹からここでたくさん繁殖しています。
春になったら、別容器で飼育中のスーパーブラックメダカの幼魚達も、合流させる予定。
いつまでもつかはわからないけど、もう少しこのまま見守っていきます。

水草MEMO
■コブラグラス(1束分) ※3束分・5束分も有り
■マルチリング・ブラック スクリューバリスネリア(1個)

*** 過去関連記事 ***
水草の草原を泳ぐスパーブラックメダカ達
パンダ目のスーパブラックめだか達
屋外飼育で、室内水槽の水草を楽しむ。


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。