FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダのメダカ鉢を断熱シートで包んで寒さ対策

01-24,2018

寒さに強いといわれるメダカ達ですが、冬は毎年メダカ達を保温性のある発泡スチロール箱で越冬させています。
寒暖差が少なければメダカの負担も減るし、飼い主も安心。
厚みのないプラスチックの睡蓮鉢には、断熱シートを購入して巻いてみました。

冬仕様のメダカの小鉢
買ったのは「断熱クン」 という、アルミを使った気泡入り緩衝材(いわゆるプチプチ)。
アルミを使っているところが、より断熱効果が期待できそうかなと。
しっかりした硬めの作りで、好きに折ったり曲げたりできるので、扱いやすかったです。
繰り返し使いたいので、きれいにはがせる養生テープで固定しました。目立たない色のテープにすれば、もう少し見た目がよかったかな。

冬仕様のメダカの小鉢
中の黒メダカ達も日中は水面に上がって、元気に泳ぎます。
水草のマツモは、夏ほどの勢いはないものの、溶けもせずキレイに越冬中。

冬の黒メダカ-水草マツモ
冬の黒メダカ-水草マツモ
暖かい日はエサも食べます。

冬は足し水と、ほんの少しの餌やりだけなので、手がかからず飼育が楽チン。
寒さ対策をしっかりしておけば、安心して放置できますね。

■断熱クン アルミ気泡入り緩衝材シート シングル 600×1000×4(mm)

*** 過去関連記事 ***
睡蓮鉢の小さな世界でキラキラ写真を撮る
紅白メダカ達も冬越しの準備完了
屋外の紅白メダカと水生植物の越冬風景


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。