スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロタラ ロトンディフォリアの花咲く、幹之メダカのミニビオトープ

06-08,2016

メダカ達を冬用の発泡スチロール箱から、夏用のプラ容器へ移し、一緒に育てている水生植物の植え替えをしました。

青く輝く幹之メダカ達の飼育容器には白い砂利を敷き、流木と、水質浄化効果のある麦飯石をレイアウト。
入れた水生植物は、「ロタラ ロトンディフォリア」、「マツモ」、「ホテイアオイ」の3つ。
ロタラ ロトンディフォリアとマツモは、屋外で越冬できました。ホテイアオイは今年も越冬できず、買い足しです。

ミニビオトープのレイアウト
タンクメイトは、お馴染み掃除部隊のミナミヌマエビと、石巻貝。メダカ達と一緒に屋外で冬を越えました。
ロタラ ロトンディフォリア 花が満開
ピンクの花が可愛い、ロタラ ロトンディフォリア。5月上旬に咲きだして、今もたくさん花を付けています。
挿し木で簡単に増やせます。
青幹之メダカと、ロタラ ロトンディフォリア
幹之メダカ達も昨年たくさん採卵したので、増えました。

青幹之メダカ
親子三代の幹之メダカ達。
幹之メダカ
青の輝きの面積は、個体でまちまち。
幹之メダカ
体内光が出てるような仔もいます。
幹之メダカ
成長とともに、光も伸びて欲しいな。
青幹之メダカと、マツモ

余談ですが・・・
メダカの世話をしていて、ぎっくり腰になってしまいました。
しゃがんで体をひねるような格好から、立ち上がろうとしたその瞬間!!激痛(涙)
皆様、お気を付け下さいね☆

水草MEMO
ロタラ ロトンディフォリア 水上葉 10本

*** 過去関連記事 ***
ロタラ・ロトンディフォリアの花が咲いた
白砂利で爽やかなミニビオトープを作ってみた


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

ロタラ・ロトンディフォリアの花が咲いた

05-06,2016

水草のロタラ・ロトンディフォリアの花が咲きました。
ロタラは水槽の中ではなく、ベランダのメダカ飼育容器で育てています。
2年前に植えてから、やっと花を見る事ができて、すご~く嬉しい♪♪
草の先端部がだんだん細くなり、蕾が出た時はドキドキしました。

何度、咲いてる鉢を買いなおそうかと思った事か・・・。
長かった・・・長かったよ、おっかさん!

ロタラ ロトンディフォリアの花
ロタラ ロトンディフォリア 水上葉 10本
全ては、この10本から始まりました。
一昨年は訳あって屋内で越冬させたけど、今年はずっと屋外育成だったので、昼夜の気温差が花芽を付ける刺激となったのかも。

ロタラロトンディフォリア_メダカ
一緒に越冬したメダカ達も、元気です。
ロタラの花と一緒に写したいのですが、水面との高低差があって難しい。
ロタラと幹之メダカ
幹之メダカや・・・
斑メダカ
斑メダカ、三色メダカも同居中。

ロタラ ロトンディフォリアの花
ロタラのピンク色の花、もっと満開に咲いて欲しいな。
他の水生植物達も既に新芽が出て、ヒメオモダカは花が咲きだしました。
これからのシーズンが楽しみです。

水草MEMO
■ロタラ ロトンディフォリア 水上葉 10本

*** 過去関連記事 ***
流木を使ったミニビオトープで、幹之メダカを飼う


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

足掛け2年!コブラグラスの草原がやっとできた

02-02,2016

スーパーブラックめだかをベランダの発砲スチロール箱で飼育しています。

飼育箱の底には、屋外のビオトープでも室内水槽で使うような水草で、草原を作ってみたいと思い、2年前に「コブラグラス」を植えました。
そのコブラグラスが、ようやく草原と言えるまでに茂ったので紹介します。

屋外でコブラグラスを育てる
1月、コブラグラスの草原の上を泳ぐ、スーパーブラックめだか。
コブラグラスは、。暖かい地方なら屋外で越冬可能の水草です。低水温を好むので、冬でも常緑で楽しむ事ができます。
栄養は根から吸収するので、メダカ達の糞や、一緒に飼育しているミナミヌマエビ、石巻貝の糞が肥料代わりです。
枯れて見える葉は、「スクリューバリスネリア」ネジレモ。

スクリューバリスネリア_メダカ屋外飼育
7月、コブラグラスと一緒に植えている、スクリューバリスネリアは、冬になると溶ける様に枯れてしまいますが、暖かくなるとは再び復活し、水面を覆うようになります。
草丈の低いコブラグラスは、水草に覆われて光を遮られてしまいましたが、低光量に強い為、枯れる事はありませんでした。

コブラグラスの草原_メダカ屋外飼育
また、コブラグラスはランナーを伸ばして増えていきますが、成長が比較的遅い水草なので、藻や苔に覆われないように、我が家ではミナミヌマエビをたくさん入れて、育成しています。
成長が遅いというだけあって、コブラグラスを 2個購入して植えましたが、この写真のような草原になるまで、約2年掛かりました。

(過去記事)でも書いていますが、植えてから10ヶ月目位では、まだ土がかなり見えてスカスカ状態。
それでも当時は、少しは草原らしくなったと思っていました(汗)。 室内水槽で増えて後から植えた、スクリューバリスネリアの方が増えて目立っる・・・。
早く草原にしたいのであれば、始めからたくさん植えた方がいいかもしれません。

因みに、水草が生えていないように見える所は、水質を安定させる働きのある福建麦飯石です。

コブラグラスを育てる
葉の形は、「コブラ」という名前がつくだけあって、葉先が下にカールしていてコブラの頭に似ています。

屋外でコブラグラスを育てる
最初にコブラグラスを植えこんだ時は手間がかかりましたが、その後の飼育はどの容器よりも楽で、手が掛かっていません。
1回もリセットしないで、水替えと足し水だけで、ゆっくりと育ててきました。

ミナミヌマエビも、数匹からここでたくさん繁殖しています。
春になったら、別容器で飼育中のスーパーブラックメダカの幼魚達も、合流させる予定。
いつまでもつかはわからないけど、もう少しこのまま見守っていきます。

水草MEMO
■コブラグラス(1束分) ※3束分・5束分も有り
■マルチリング・ブラック スクリューバリスネリア(1個)

*** 過去関連記事 ***
水草の草原を泳ぐスパーブラックメダカ達
パンダ目のスーパブラックめだか達
屋外飼育で、室内水槽の水草を楽しむ。


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

親・子・孫、3代のみゆきメダカ達

01-22,2016

我が家で飼っている幹之メダカ達、おかげさまで、3代目4代目と、子孫繁栄しています。
室内で11月に孵化した仔魚達も、ようやく稚魚と呼べるサイズに成長し、幹之メダカらしい輝きがわかるようになりました。
今回は、そんな親子3代の幹之メダカ達をまとめてみました。

ミユキメダカの親
まずは1代目。
1代目のメダカ達は、屋外で越冬中です。
ミユキメダカの親
口先までは輝きが覆ってはいませんが、充分美しい。
青幹之メダカのブルーの輝きを、初めて見た時は衝撃だったな。

ミユキメダカの子_F1
2代目の幹之メダカ達(F1)。
室内で飼育中。昨年の夏、小さなガラス容器に水草のマツモや貝殻を入れて、ボトルアクアリウムを作りました。
8月の作った時と比べると、現在はずいぶん成長しているのがわかります。
ミユキメダカの子_F1
選別しないで、白幹之メダカも青幹之と一緒に飼っています。
そんな訳で、次に紹介する3代目の幹之メダカの稚魚達は、青幹之(メス)と、白幹之(オス)から生まれた仔達です。

ミユキメダカの孫_F2_水草マツモ
3代目の幹之メダカの稚魚(F2)。
まだ小さいので、ヒレまで写真になかなか写らない。
小さなプラ容器に、水草のマツモを浮かべて育てています。
幹之メダカの稚魚とマツモ
水草のマツモは、日中は日光が当たると、盛んに小さな気泡を出すのでとても綺麗。藻の所為で水に少しとろみがある為か、水面に気泡が残って、泡だらけになります。
幹之メダカの稚魚とマツモの気泡
写真より目で見た方が、もう少し輝いて見えるのですが、体内光っぽい稚魚が多いような気がします。
ミユキメダカの孫_F2_水草マツモ
これから背中の光も伸びてほしいな。
冬の間は、暖かい室内で稚魚達の成長を見守ります。

水草MEMO: 無農薬マツモ(3本)

*** 過去関連記事 ***
冬休み初日に幹之メダカを撮ってみた
ボトルアクアリウムの幹之メダカ、毎日産卵中
幹之メダカと紅葉 (秋冬の屋外飼育の楽しみ)


観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。

冬休み初日に幹之メダカを撮ってみた

12-31,2015

わーい!冬休み~(^▽^)ノ♪
珍しく冬休み前に年賀状等やるべき事を終えたので、天気のいい連休初日は、のんびりとメダカ達を眺めて過ごしました。
冬のベランダは、太陽の高さが低くなるお陰で、飼育容器によく陽が当たります。
なかなか水面に上がってきてくれないメダカもいますが、この幹之メダカ達は気にしていないみたい。
少しの間じっとして待っていると、餌をくれると思って水面に上がってきてくれます。

ホテイ草に隠れる幹之メダカ
浮き草のホテイアオイの陰から様子を伺う、みゆきメダカさん。

みゆきメダカ_秋冬飼育
出てきました。

みゆきメダカ_秋冬飼育
頭の先まで・・・とはいきませんが、背中の鱗はキレイなブルーの輝きで覆われています。

みゆきメダカ_秋冬飼育
秋冬は、メダカの動きがゆっくりなので、写真撮影のチャンス。
いつもなら浮き草など動かないものにピントを合わせて、近くに来るメダカを狙いますが、この時期は私でもメダカにピントを合わせて撮る事ができます。

メダカが作る水の波紋
撮影の邪魔をしにきた、紅白メダカさん(笑)

紅葉で冬仕様_みゆきメダカ
ブルーキラキラ♪
やっぱり、幹之メダカは美しいわぁ~。

うろこ雲
おまけの鱗雲。

今年もあとわずか。ブログを見に来て下さった皆さん、ありがとうございました。
良いお年を~☆

観賞魚ブログ メダカ 】←ランキング参加中。ポチッと 応援してくれると嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。